ムッソリーニ

映画「ムッソリーニとお茶を」というのを見まして、これって本当にあった話なんですね。
あまり戦争・戦争はしていないけど、このストーリーそのものは実際にあったようです。
と言うことは、ここに出てくる大富豪のアメリカ人は逃亡ができたってことですねーー、よかったー。
なんかあの女性、嫌いになれないタイプでした。
ここに出てくるジョーンと言うイギリスの女優さんも好きでした。
この映画ではとても重要な役を演じています。
他にはなんとジュディ・デンチも。
全く心配しなくていい映画です、この人たちが出てるんだもの。
もちろんマギー・スミスもまたやってくれます。
イタリア人に英語でちゃんと挨拶しなさい、と一括したり、最後まで誇りを捨てず、イギリス人として振舞います。
さすがイギリスの大女優!!こうでなくちゃね。
映画「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」に似た役ですね、、アメリカ人が好きではなく、また黒人も好きではない、みたいな差別的な。。
(役では、ですよ)
もしまだ見てなかったら「ムッソリーニとお茶を」、、ぜひ見てください、いい映画です。

このブログ記事について

このページは、こうが2021年4月 1日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新幹線は速いが、、。」です。

次のブログ記事は「たこ焼きやばい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。