相続税

相続税というのは、いったいどのくらいからかかるものなのだろう。
考えたことないですか?
相続する人がほとりの場合は、3600万円までは無税だそうです。
微妙な金額ですね、マンションを売ったらこれくらいになる人もいるでしょう。
あとは預金などもあるし。

このときに少し有利なのは、男性でも、養子に出ていたとしても、実子であれば、相続人になれます。
なので、養子に出た男性は、養子先の家の財産と、実家の財産のりょうほうをもらえるのです。
これ、、いいでしょ。

アンジェリーナ・ジョリーが日本人だとしたら、こどもたちは、
自分の国の親の財産と、アンジーの在試案の両方がもらえます。

(貧しい国から養子になったのでじっさいにはこれはないんですけどね。
相手が日本の法律に従ってやっていくあ、って、そうでもないし)

相続については、実は親が亡くなる前から考えておいた方がいいんですよ。
相続人が多い場合はなおさらです。

まだ先のこと?
そうかもです。

でも、考えておいても損はないですよ。

このブログ記事について

このページは、こうが2020年4月 1日 19:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アプリってコワイ」です。

次のブログ記事は「フェンダーミラー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。