題名

本の題名って重要で、それが売り上げを左右することもある、ということは知っている。
湧目になった本で「フランス人は服を10着しか持っていない」みたいなのがあるけど、
内容でこれにつうて書いてあるのはたった1行なんだ、って聞きました。
もちろんそれでも、フランスではシンプルに皆生きているのだ、
ということが書かれているようなのですが、10着しかない、とは
書いてないとかです。
読んだことのある人は分かるんじゃないかな。

なんでも同じですけどね。
メールの件名も、興味があれば開けるし、そうじゃなかったら読まない、とか。
(ニュースレターですね、いわゆるメルマガ、広告)
それにしても、じっさいにはフランス人は服をさほど持っていないらしいです。
フランス人に限らないと思うけど。
ただ日本人が多くの服を持っていて、それが美徳とする雰囲気がある、
ってだけですよね、どこの国の人も毎日洋服をとっかえひっかえしませんよ。

それがあの本だけなぜか売れたのはネーミングによるものなのだ。
うまい!
ということで、もし本を出版するなら題名に気を使うといいのかもです。
自分の本を出版するって言う人が最近は多いのではないかな。
ちょっと題名、考えてみましょーー!笑
そしたらベストセラーになれるかも??

このブログ記事について

このページは、こうが2019年7月 1日 16:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マック」です。

次のブログ記事は「画像に文字」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。