ビスケット

ビスケットをおやつとして食べていて気が付いたのですが(というのもおかしいけど)
クリームがはさまったのもビスケットというのか??
ビスケットとビスケットの間にクリームがはさまったもの、、、たしかにビスケットなんだけど、
ビスケットにクリームがはさまったもの、、という名前になるんでは?
長いから「ビスケット」になってしまうのか。

それなら、「ビスケット」は「ビスケット」で、どう他のと区別するのだ?
なんかおかしなことにこだわっているけど、どうしても気になってしまったのでーす。

他のお菓子も、よーく考えてみたら「あれ?」てなものがありますね。

話は変わりますけど、ポッキーというチョコのついた棒のお菓子、
けっこうあれが好きなのですが、、、あれは世界ではロッキーという名前に変わっていたりします。
ポッキーってエロいニュアンスの言葉なので商品化の名前には適さないと判断されたんです。
でもれっきとしたポッキーなんですよ笑、、名前が違うだけで。

他にも「ポカリスエット」も、欧米人からしたら「うへぇ!」な言葉です。
でも売れていますね、、美味しいから関係ないらしい。
だって「汗」ですからね、それをみただけでは買わないでしょう。

こういうのは理解できるけど、どうして誰もビスケットには疑問をいだかないのか。
私がおかしいのか、、、うーん、、、そう思えてきた。
何が挟まっていても「ビスケット」なのだろう、、、うん!

このブログ記事について

このページは、こうが2019年2月 1日 18:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「化粧品」です。

次のブログ記事は「食べ過ぎた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。